アバターがくれたキセキその2〜バカなふりをしなくていい〜

奇跡(きせき):常識では起こるとは考えられないような、不思議な出来事

 

こんな風にあるがままを認められたことはなかったと思う。

 

 

 

 

 

こんな感じでアバターとの出会いを果たした私だが、この出会いで強烈に印象に残ったことがもうひとつある。

 

初対面とは思えないくらい偉くその子とは気があった。

 

やはり最初はお互いの話をする中で2人とも京都の大学を出てることはわかった。

 

そうなるとやはりこの質問が出てくる。

 

「どこの大学やったん?」

 

 

 

 

……………来た。

 

正直答えたくない質問であった。

 

 

 

 

私は京都大学を卒業している。

 

いわゆる入試においては日本トップクラスの難関大学である(Wikipediaより)。

 

もちろん、自分がここの卒業生であることは誇りに思っているし、自由と独創性を学風とする変態の巣窟である京都大学は大好きである。

 

しかし同時にこの肩書きが持つ世間のイメージ、価値判断も痛いほど感じてきた。

 

京大卒だというだけで色々なことに対するハードルは上がるし(京大卒だってできないこと、苦手なことは山ほどある)

 

京大卒だと言った瞬間、態度が変わる人たちを何人も見てきているし(それは私の一要素に過ぎないのに)

 

「私」である前に「京大」と一括りにされ、そう見られる。

 

「京大」と言った瞬間に感じる人との分離感。

 

誤解を招きそうなので、先に言っておくが、もちろん全ての人がそうではないし、長い付き合いの中でちゃんと「私」を「私」として付き合ってくれる人たちもちゃんといた。

 

私の方もこの肩書きを使って、勝手に特別感や優越感を感じていた部分もあったので一概に相手が悪いとも言えない。

 

だがそんな現状に正直辟易していたこともあり、また、これを明かした時の人の反応が怖くて自分の学歴を明かすのは非常に敏感な領域であった。

 

 

 

 

「……………実は京大やねんかー。」

 

 

 

 

この後の彼女の返答を私は一生忘れない。

 

 

 

 

「あーわかるわかる。なんか聡明な感じするもん。」

 

 

 

衝撃だった。

 

まるで「それがどうしたの?」と言わんばかりに

 

「だってそれがあなたでしょ?」と言わんばかりに

 

全く態度が変わらなかった。

 

それどころかそんな私に「聡明」というとびきりの価値を付け加えてくれた。

 

 

正直めっちゃ嬉しかった。

 

その後もいっぱい話をした。

 

私が視覚と知覚、脳について研究していたこと、人間の視覚は後頭脳で処理されてなどなど、

 

私が普段は隠していた学術的な部分を思いっきり出せた。

 

 

 

 

バカなふりをしなくてもよかった。

 

ずっと私が怖くて隠し続けていた

 

学術的な部分、気高い部分、崇高な部分を認められた気がして、本当に嬉しかった。

 

全ての名札を超えて、彼女はまっすぐ「私」という意識を見てくれた。

 

 

 

 

彼女が私にくれた贈り物は本当大きかった。

 

台詞ではなく、態度ともなんとも言えない彼女の感じが。

 

「この子は何かが違う」と私にアバターマスターという存在が持つ「何か」を感じさせた瞬間であった。

 

 

 

 

 

 

その3へ続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アバターがくれたキセキその1〜やっぱり私は間違っていなかった〜

奇跡(きせき):常識では起こるとは考えられないような、不思議な出来事

 

あれは忘れもしない2008年7月。

 

キセキというものはなんの前触れもなくふらっとやってくるものだった。

 

当時の私は5年務めた会社を7月末に辞める予定で、次の道への準備期間だった。

 

オーラソーマというカラーセラピーを学び、退職後はそれを仕事にしようとしていた。

 

たがしかし、間違ってはいないけど、当たってもいないなんとも言えない違和感があり、「何かもうひとつあればなあ」なんて、「何か」を探していた時だった。

 

そして、「求めよ。さらば与えられん」の言葉の如く、求めたものは向こうからやってきた。

 

 

 

 

「その子」はオーラソーマ教室主催のアートセラピー教室の帰りに一緒になった。

 

どこにでもいる普通の子だった。

 

ただ、話しているうちに

 

「なーんか、この出会いはここで終わらせてはいけない気がする」

 

 

 

という謎の直観が生まれ、運良くその子は私をお茶に誘ってくれた。

 

今から思えば「ちょっとあんた頼むから私を引き留めてくれぃ!」というオーラが毛穴から出てたんだと思う。(自分で言えよ。というツッコミは受け付けない)

 

そうしてお茶してお互いの話になり。(もちろん、先に散々わたしの話を聞いてもらった後で)

 

「ところで何してるの?」

 

アバターマスター」

 

「なんじゃそれ?」

 

というおきまりのパターンを繰り広げた。

 

そりゃ聞くわ。だって見たことも聞いたこともないもん。

 

 

そしてその時その子がなんて言ってくれたかははっきりとは覚えていないが。

 

「信じることが現実を作る」

 

状況とか、才能とか、証拠とか、そういう外側のものではなくて

 

自分の内なる思いが先にあって、そこから現実が作られる。

 

そういった感じの話だった。

 

 

 

 

その瞬間、わたしの中で何かが「ぱっかーん!」と開いた。

 

(やっぱり!!!!!)

 

というのも度重なる人生の中で、本気で何かを求めている時、何度も不思議な導きを経験していたので、

 

うすらぼんやりと

 

「人間、本気で思ったことって、本当に叶ってゆくんだなあ。」

 

なんて思っていたので

 

この話を聞いた瞬間は

 

「やっぱりわたしの思ってたことって間違ってなかったんだ!!」

 

という直観が確信に変わった瞬間でもあり。

 

とにかく何かが「開いた」瞬間でもあった。

 

そしてその瞬間は同時に

 

「信じることが現実を作る」

 

「意図的に生きることを学ぶ」

 

アバターというものに急速に惹かれていった瞬間でもあった。

 

 

 

 

 

その2へ続く

 

 

 

産み出したものを世に出すということ

みなさん。こんにちは。

 

お久しぶりです。

 

お元気ですか??

 

と、自分で聞いておきながら「元気?」と聞かれると何て答えていいのかわからなくなるタイプなので、まあ答えなくていいです。

 

さてさて、先日京都、二条城で開催されてるアートアクアリウム城に行ってきました。

 

f:id:chicacouleur:20171208224924j:image

 

ちょーーーーーーー綺麗😍

12月11日、まだなので皆様急いでね。冬の京都で屋外というなかなかドSな展覧会なので防寒だけはきっちりと。

 

で、いっぱい写真撮ったのですが、なかなか載せられず………

 

ここ最近「発信する」ということに対して色々思うところありまして

 

「どう思われるかな」

とか

「誰かを傷つけたりしてないかな」

とか

「私がこんなこと発信したって……」

とか思ってしまって、ピタッとできなくなってしまったんですよ。

 

いや、ほんまに。一回迷うと結構囚われる。

 

ほんで、私もええこと言わなって、ちょっと(だいぶ)カッコつけて発信して、やっぱり素の自分とちゃうからますますおかしくなり……

 

結構めんどくさいな。自分。

 

でも撮った写真見て、せっかく撮ったしなあなんて

 

ばーーーーーーーーーーっと大量にアップしてみたところ………

 

「せっかく産み出した作品は世に出す必要がある」なんて謎に悟ったのですよ。

 

例えばこの作品たちが人だとしたら

 

「さあ、僕たちを見て誰が喜んでくれるのかな( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧ワクワク」ぐらいの鼻息の荒さで今か今かと世に出るのを待ってるわけですが、

 

これをずっと取っておくとなると

 

「え(ΦдΦ)!出れないんですか?何の役にも立たないのですか(ΦдΦ)!?」

 

と、なるんやないかなーと。

 

ものでもなんでも、使ってあげないってのが一番それにとってツライと思ってる私なのですが。

 

ああ、これが発信するということなのかと謎に悟ったのでございます。

 

これは目に見える写真でしたが、

 

きっと目に見えない想い、考え、感情もきっとそんな役割があるのではないかと思ったりなんかして。

 

だから自分から出たものがなんであれ、それを世に出すということはきっと、誰かの何かの役に立つんやないかなあなんて思います。

 

とかく自分の内側にあるものをグッと飲み込んでしまいがちな私も

 

この地球のどこかにいる似たような誰かも

 

勇気を出して、時には何も考えず

 

せっかく自分を発信するツールがいっぱいある時代。

 

自由に伸びやかに表現していってほしいなあなんて思った次第でございまする。

 

今回はアバター®︎のことではないですが、

 

ミエナイイシキということで、こちらにしたためさせていただきました。

 

あ、そういえば昨日「人に気に入られるようにしてまう」ってとこはツールで扱ったか(ΦдΦ)

 

だからかな?

 

ではでは。地球いっぱいにあなたの産み出したものを表現いたしましょう。

 

 

 

 

アバター®、EPC®、Enlightend planetary civilization®、及び覚醒した星の文明®はスターズ・エッジ社の登録商標であり、すべての権利を保有しています。 このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。

 

 

 

 

 

慈しみ実験 4、5日目

みなさん。こんばんは。

いかがお過ごしですか?

 

さてさて、慈しみ実験。4、5日目。

 

……………ざっくりしてきましたね(ΦдΦ)

 

3日坊主後がポイントですね(ΦдΦ)

 

実験

人に会う前にその人たちに、引き続きうーさんに、上司的な人に慈しみ練習をした

 

実験結果

人に会う前にすると、その人たちともっと楽しくもっと深く繋がれる感じがした。自分のオープンさが増えた。

 

うーさんにすると「ちいとも構ってくれへん(ΦдΦ)!」って思ってたけど、よく考えたらうちの方が構ってないことに気がついた笑。

「よし!明日は構うぞ( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧!」と寝て起きたらうーさんはすでに出勤していた(ΦдΦ)

次の日すると「うちが苦しい時はうーさんも苦しいはずやのにうーさんは文句言わんとうちは文句たれてるな(ΦдΦ)」と気づいて意図的に明るくしようと思った。我が家に笑いが増えた🤣

 

自分の態度に変化が起きた。

 

上司的な人にすると、自分が上司の立場を取っていた時のことを思い出した。理解が増えた。でもこの感じは繰り返してるなって思い、ツール使って意識から変えてみようと思った。

 

自分の態度に変化が起こせるっていいな( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

 

番外編

自分にとっていい話がやってきた。

自分の人生が整合してきた。

自分の活動がスムーズになってきた。

大好きなイチジクが安く売ってた💖

いつもお世話になってる友達に慈しみカードを渡したら喜んでくれた😍その人たちの慈しみに対する思いを聞けた。こういう話ができるっていいな( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

ついに画像を貼るのを忘れなかった。

 

引き続き、実験は続く。

 

  

 

f:id:chicacouleur:20170826011116j:image

一歩一歩、着実に✨

 

 

 

 

 

意識の魔法アバター®︎コース。

「愛とは、何かが変化することを許されるスペースを、進んで創り出そうとする気持ちの表現です。」 〜アバター®︎教材開発者ハリー・パルマー著 リサーフェシング・ワークブックより〜

 

慈しみプロジェクト。今すぐカードをゲット!!

https://theavatarcourse.com/the-compassion-project-jpn.html

 

 

1時間のインフォアワー実施中✨

まずは体験してみよー!!

 

 

次回アバター®︎コースは

9月23日〜10月1日

愛知県豊橋市 ロワジールホテル豊橋市

意識を目覚めさせよう✨✨✨

 

 

 

アバター®、EPC®、Enlightend planetary civilization®、及び覚醒した星の文明®はスターズ・エッジ社の登録商標であり、すべての権利を保有しています。 このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。

 

 

 

 

慈しみ実験 3日目

みなさん。こんにちは。

やっぱり今日も暑いですね!

夏(ΦдΦ)!!って感じ

どうせなら夏を楽しみましょう💖

 

さてさて、慈しみ実験3日目

 

実験

家族。うーさん(旦那さん)。お母さん。お父さんに慈しみ練習をしてみる。

 

結果

色んな感情が出てきた。自分が迷惑かけてるかも、とか。嫌われてないかなとか。それを感じるのが嫌で、その人を感じることそのものを避けてるのかな?とも思った。

もう少し続けてみたら、もしかしたらまるで私のようで本当はすごく好きで感謝していて大切に思っているけど、不器用でなかなか伝えられなかったり表現できてないのかもなと思ったら心がじんわりした。

 

 

お米を届けてくれたので、お礼の電話をしたところいつもよりも話が弾んだ。

家族のゴタゴタが解決したという知らせが入った!びっくり(ΦдΦ)!

今度実家帰ろうって思えた。

「よし!今日はうーさんが帰ってくるまでにごはん作ろう」と決心した。けど、作る前に帰ってきた(ΦдΦ)

帰ってきてうーさんが仕事してて、いつもなら

「もう!家まで仕事持ってきてー(ΦдΦ)」と思ってたけど、なんとも思わなかった。

今日は自分の中で色々思うことがあったけど、しゃーないかと自分への寛容さが増した。

 

自分に近い存在って、案外素直になれてないのかも。いっぱいこの練習しよって思いました。

 

それにしても、お家のゴタゴタが解決してるとは(ΦдΦ)!

 

直接関係するかはまだわからないけど、もしかしたら慈しみって、自分だけじゃなくって、人にまで効果をもたらすのでは…………(ΦдΦ)と慈しみの可能性をさらに感じた1日でした。

 

幸せになってほしい大切な人、大好きな人にいっぱいこの練習しよって思いました。

 

さ!また続けてみよー💖

 

 

 

 

 

意識の魔法アバター®︎コース。

「愛とは、何かが変化することを許されるスペースを、進んで創り出そうとする気持ちの表現です。」 〜アバター®︎教材開発者ハリー・パルマー著 リサーフェシング・ワークブックより〜

 

慈しみプロジェクト。今すぐカードをゲット!!

https://theavatarcourse.com/the-compassion-project-jpn.html

 

 

1時間のインフォアワー実施中✨

まずは体験してみよー!!

 

 

次回アバター®︎コースは

9月23日〜10月1日

愛知県豊橋市 ロワジールホテル豊橋市

意識を目覚めさせよう✨✨✨

 

 

 

 アバター®、EPC®、Enlightend planetary civilization®、及び覚醒した星の文明®はスターズ・エッジ社の登録商標であり、すべての権利を保有しています。 このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。

 

慈しみ実験 2日目

みなさん。こんにちは😃

今日も元気に過ごしていますか?

 

さてさて、昨日から突然始まった

 

「慈しみ実験」

 

昨日得た1番の成果は

 

そんな自分が好きになった

 

やないかなあなんて思ってます。

 

人にあげた慈しみが自分に還ってきた

 

そんな感じがしました。

 

毎日やっていったらどんなんになるのかなと

 

今日もやってみました。

 

慈しみプロジェクト

https://theavatarcourse.com/the-compassion-project-jpn.html

 

実験

いつもお世話になってるお仕事先へ慈しみ練習をしてみた。

 

実験結果

表面だけ見て、「この人はこういう人、あの人はああいう人」なんて勝手に決めてるなあって思った。もっとその人そのものを見ようって思った。

イケテルってこっちが思ってる人は、なかなか「まるで私のよう……」って思えなかった。うち、結構卑屈やなあって思った笑。自分をイケテナイってしてる時は慈しみ持ちにくいことがわかった。

 

イケテルイケテナイとかやめてみようと思った。

自分の卑屈さが笑えた。

仕事に行っただけですんごくありがたがられた(ΦдΦ)!

いつもよりしっかりコミュニケーションとれて、その人がプライベートのことまで話してくれた。

楽しく仕事ができた。

いつもよりお客さんが多かった。

 

実験その2

ダンススクールのみんなにしてみた。

 

実験結果

やっぱりパッと見たイメージで人を決めつけてること多いなって思った。ここでも卑屈やった笑その人達への理解が増えて、助けられることあったら助けたいって思えた(もうすぐショーで忙しい)

 

人をイメージだけで見るのが減った。

至る所に出てくる自分の卑屈さがウケた。

いつもより笑顔でコミュニケーションが増えた

久しぶりに会った子に「ちかちゃん来るんやー✨って思ってたよ。」なんて嬉しいこと言われた(´༎ຶ۝༎ຶ)

衣裳も着て楽しく踊れた💕

LINEのやりとりが増えた💕

なんかチームの一員って感じ💕

 

番外編

駅のホームに着いたらちょうど電車が来た。しかもガラ空き。

うーさんが駅までお迎えしてくれた。

いろんな友達から連絡が来た。「君と友達で本当によかった」なんて一生の宝物の言葉をもらった(´༎ຶ۝༎ຶ)

「慈しみ」ってすごくね(ΦдΦ)?と慈しみのパワーのとんでもなさをうすうす感じてきた。

明日慈しみ練習するのが楽しみになってきた。

なんだかワクワクしてきた💕

 

慈しみ練習、すごい!!

 

慈しみプロジェクト、すごい!!

 

ヤバいヤバいヤバいヤバいʕ̡̢̡*✪௰✪ૢʔ̢̡̢

 

みなさんもぜひやってみてくださいねー( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

 

 

意識の魔法アバター®︎コース。

「愛とは、何かが変化することを許されるスペースを、進んで創り出そうとする気持ちの表現です。」 〜アバター®︎教材開発者ハリー・パルマー著 リサーフェシング・ワークブックより〜

 

慈しみプロジェクト。今すぐカードをゲット!!

https://theavatarcourse.com/the-compassion-project-jpn.html

 

 

1時間のインフォアワー実施中✨

 

 

次回アバター®︎コースは

9月23日〜10月1日

愛知県豊橋市 ロワジールホテル豊橋市

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アバター®、EPC®、Enlightend planetary civilization®、及び覚醒した星の文明®はスターズ・エッジ社の登録商標であり、すべての権利を保有しています。 このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。

慈しみ実験

みなさん。こんにちは。

お久しぶりです。お元気ですか?

関西はまだまだ暑いです。

 

さてさて、みなさま

 

「慈しみプロジェクト」

 

ってご存知ですか?

 

https://theavatarcourse.com/the-compassion-project-jpn.html

 

世界中の人に慈しみカードをプレゼントし、ひとりひとりが慈しみの心を増やしていくことで地球の慈しみポイントを増やす。

 

1000万枚に向けて着々と世界で進行中です✨

 

我が国日本でも着々と進行中です✨

 

ここでふと

 

「配ってる割にはちゃーんとこの練習してないなあ」

 

なんて思ったのと、

 

「最近心の余裕がなくて人に優しくできないなあ」

 

なんてちょっと凹んでいたので

 

「慈しみ実験」

 

と称して

 

自分がやってみたらどうなるかなと実験してみました。

 

 

 

慈しみ実験  1日目

 

実験:電車の中で知らない人に対して慈しみ練習を行う

 

実験結果:「まるで私のよう………」ってやってその人たちを感じていると、「ああ、自分が勝手に『すごい人』ってなって人を見下したり、分離を作り出してたなあって感じた。人と繋がれなくて寂しいなあって感じてたのはこれかって思った。and「自分はすごい人でなければ!」って弱さとかできないこととか許してないことに気がついた。

 

背伸びをやめて楽になった。

謙虚さが増えた。

人の優しい言葉がとっても心にしみた。

してくれたことを当たり前と思わず感謝の心が増えた。

そんな自分が好きになった。

 

引き続き実験していこうと思います。

 

この慈しみプロジェクトは世界中で実施中。

 

慈しみカードも世界中で配付中。

 

ご希望の方はお近くのアバターマスターまで💖

 

みんなで地球を優しくしましょう。

 

f:id:chicacouleur:20170821225605j:image

 

 

 

 

意識の魔法アバター®︎コース。

「外側からできないことでも、内側からならできます」  〜アバター®︎教材開発者ハリー・パルマー著    リビング・デリバレイトリー  自分で決める人生の生き方より〜

 

1時間のインフォアワー実施中✨

 

 

次回アバター®︎コースは

9月23日〜10月1日

愛知県豊橋市  ロワジールホテル豊橋市

 

 

 

 

 

アバター®、EPC®、Enlightend planetary civilization®、及び覚醒した星の文明®はスターズ・エッジ社の登録商標であり、すべての権利を保有しています。 このサイトの投稿は私個人のものであり、必ずしもSEIの立場や、戦略、意見を代弁するものではありません。